工場見学に行こう!「精米工場でお米を白くする」の巻
精米機
  前へ
<5.精米機について>
ごはんちゃん さぁ、いよいよ精米だよ!
お米のまわりの茶色い皮を「と石」と「金網」の入った
3つの精米機を通して削り取るんだ。
まさと君 3つともすり合わせる圧力が違うんだね!順番に通して、だんだん白くしていくんだって。
それに、僕知らなかったよ!
精米の仕方でお米の呼び方もいろいろ変わるんだね〜。
あかりさん 玄米、4分づき米、7分づき米、白米…、
皮を削ることで、色も少しずつ白くなっていくんですね。
並べると違いが良く分かります。まるでおめかししてるみたい!
…でもこの取った皮はどうするんですか?
やっぱり捨てちゃうの?
ごはんちゃん ううん、捨てないよ!
削り取られた皮は「糠(ぬか)」と呼ばれて、加工して化粧品にしたり、食品にしたり、いろいろな用途で使われるんだ。
長野県で一番多いのはキノコ工場でキノコ栽培のために使われることかな?
こうやって削った糠も無駄にしないように、この精米工場中に張り巡らされたパイプを通ってタンクに集められ、空気も汚さないようにしているんだよ。
まさと君 すごーい!無駄がないようになってるんだ〜。
じゃあ、とっても環境にやさしいんだね!
| 工場見学に行こう! | プロフィール | ベイクックコーポレーショントップページへ戻る |